WEBシステム開発の流れとは

WEBシステムとは?簡単にいうとどのような仕組みなのか。

WEBシステムは、ウェブ(Web)上で動作するソフトウェアやプログラムのことを指します。一般的に、ウェブサイトやウェブアプリケーションを構築し、運用するための基盤となる技術や仕組みのことを指します。

例えば、ウェブサイトを訪れると、その背後にはWEBシステムが動いています。これは、ウェブページの表示やユーザーとの対話、データの処理など、さまざまな機能を担当しています。

WEBシステムは、サーバーとクライアントの相互作用に基づいており、ユーザーがウェブブラウザを通じてウェブサイトにアクセスすると、サーバー上のWEBシステムがリクエストを受け取り、適切な応答を生成してユーザーに送り返します。

例えば、オンラインショッピングサイトでは、裏で動作しているWEBシステムが注文処理や在庫管理、決済などの機能になります。ユーザーが商品を選んで購入手続きを進めると、WEBシステムにてプロセスを進め、最終的に注文が確定されます。

簡単に言えば、WEBシステムはウェブ上で様々なサービスや機能を提供するための仕組みであり、普段オンラインで利用する多くのサービスやアプリケーションは、その背後で動いているWEBシステムによって支えられています。

WEBシステム開発と建設業には共通点がある?

システム開発を建設業に例えると、ビル、施設、住宅を建てるようなプロセスが広がっています。
WEBシステム開発の工程といっても分かりにくいかと思いますので例として共通点の多い建設業を例にしますと以下のようになります。

1. 設計段階

建設プロジェクトが始まる際、まず最初に行われるのは建築設計です。同様に、WEBシステムの構築も計画や要件定義が欠かせません。建築の場合、建物の形状や構造、利用目的を考慮して最適な設計を進めますが、WEBシステムでもユーザーのニーズやビジネスの要件を考慮して効果的な設計を行います。
また、この要件定義が一番大切な工程だと考えられます。

2. 基盤の構築

建物を建てるには、まず地盤を整え、基礎を築く必要があります。WEBシステムも同様で、信頼性のあるデータベースやセキュリティ対策など、基盤となる要素を確立することが不可欠です。頑丈な基盤がなければ、将来的な拡張や改修が難しくなります。

3. フレームワークと構造

建築プロジェクトでは、構造を支えるために鉄骨やコンクリートが使われます。WEBシステムにおいても、効率的かつスケーラブルな開発を実現するためにフレームワークが利用されます。フレームワークは、標準的な構造や設計原則を提供し、開発者が効果的に作業できるようサポートします。

4. ユーザビリティとデザイン

建物が完成しても、その利便性やデザインが魅力的でなければ意味がありません。同様に、WEBシステムも使いやすさやユーザビリティに注力することが不可欠です。直感的な操作や洗練されたデザインは、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、システムの成功に繋がります。

5. メンテナンスとアップデート

建物が完成した後も、定期的なメンテナンスや必要な場合のアップデートが欠かせません。WEBシステムも同様で、変化する環境や技術に対応するためには、定期的な保守作業や新しい要件への適応が求められます。

要するに、WEBシステム構築と建設業は、同じような原則に基づいています。計画から設計、構築、利用、そしてメンテナンスまで、堅実なプロセスとチームワークが成功の鍵となります。どちらも柔軟性と耐久性を兼ね備え、将来の変化に対応できるような構造を構築することが重要です。

身近にあるWEBシステム例えばどのようなものがある?

WEBシステムは身近な様々な場面で活用されています。以下はいくつかの例です。

1.ウェブサイトやブログ
ウェブ上で情報を発信するための基本的な形態です。企業の公式ウェブサイトや個人のブログ、ニュースサイトなどがこれに該当します。

2.オンラインショッピングサイト
Amazonや楽天など、商品の検索、注文、決済などがウェブ上で行われるサイトです。顧客と商品情報、在庫管理などを効率的に結びつけるWEBシステムが運用されています。

3.ソーシャルメディア
Facebook、Twitter、Instagramなど、ユーザーがコミュニケーションやコンテンツの共有を行うプラットフォーム。ユーザー情報の管理や投稿の表示などにWEBシステムが用いられています。

4.オンラインバンキング
銀行のウェブサイトや専用のアプリを通じて口座の確認、振込、決済などができるサービス。セキュリティの要件が高くなるため、堅牢なWEBシステムが必要になります。

5.クラウドサービス
Google ドライブ、Microsoft OneDrive、Dropboxなどのクラウドストレージサービス。データの保存、同期、共有がWEBシステムを通じて行われます。
オンライン予約サービス: ホテル、飲食店、医院などで利用される予約システム。顧客がウェブ上で予約し、事業者がそれを管理するためのWEBシステム等があります。

このようにWEBシステムは身近にあります。

システム開発のプロセス

システム開発は、ビジネスプロセスの改善や効率化、新しいサービスや製品の提供など、多くの目的を達成するための強力な手段です。
以下はシステム開発の一般的な流れになります。

1. ヒアリング

最初のステップは、どのようなシステムを構築するかお聞かせいただくところからになります。
目的の明確化、プロジェクトのスコープと要件の定義、お見積りの作成などが含まれます。

2.システムを作るために必要な要件定義と設計

プロジェクトがスタートしたら、次に要件定義と設計のフェーズに進みます。
要件定義では、システムが達成すべき機能や要件を明確にし、それを基にした設計が行われます。システムのアーキテクチャやデータベースの設計が具体化され、開発における基本的な枠組みが構築されます。

3. 実装とプログラミング

設計完了後、実際のプログラミング作業に入ります。この段階でプログラミング言語を使用して、システムの各機能やモジュールを開発します。

4. テストと品質保証
開発が進むにつれ、テストが行われます。
テストには種類があり、ユニット(単体)テスト、結合テスト、システムテストなど、
さまざまなテストフェーズが実施され、システムが要件を満たしていることや予期せぬ不具合がないことが確認します。

5. 導入とデプロイメント
テストが終了したら、システムは本番環境に導入されます。

6. 運用と保守
システムが稼働し始めたら、運用と保守を行います。
ユーザーサポート、定期的なバックアップ必要に応じてアップデートや修正が実施されます。

まとめ

システム開発はプロジェクトの計画から開発、運用と保守と多くのプロセスを経て成り立っています。
計画的で効果的なプロジェクトマネジメントと、機能や品質への注意が成功への鍵となります。
システム開発の舞台裏を知り、これからのプロジェクトに役立てていただけますと幸いです。

関連記事

  1. エクセルからシステムへ:スケジュール管理システムの開発プロセス